TOP > コンテンツ > もしも“CVR”や“LTV”を考えずにインターネットマーケティングを実施したら…

コンテンツ

ノウハウ

もしも“CVR”や“LTV”を考えずにインターネットマーケティングを実施したら…

何も考えずにマーケティングを始めれば、CVRやLTVといった用語を知る事はなく、成果はいつまでも上がらず悩みがちになります。
また、ECの売り上げにも繋がらないので、宣伝にかけるコストや努力が水の泡になりかねません。

逆に、CVRやLTVを意識したECマーケティングは、成果が上がらない等の悩みであったり、コストだけが膨らむ問題が解決出来ます。
成果を上げる取り組みの秘訣は、現状を理解する把握力を始めとして、CVRを考えた結果優先の技術を取り入れたり、LTVを高める工夫の連続にあります。

更には、宣伝用ページの効率的な構築に加えて、単品通販でのコスメや健康食品の商品提供といった、効率重視の販売方法を選ぶ事も可能になります。
CVRを上げる事は、結果的にLTVの上昇に繋がりますし、それはECの売り上げや誰が見ても明らかな成果に結び付きます。

しかし、悩みに応えるソリューションを知らなければ、LTVどころかCVRの改善さえ実現する事は困難です。
ランディングページのCVRを高めたい、でも悩みを解消する方法が見付からない時は、成果を上げる取り組み方を知る事が最も近道になります。

単品通販のメリットは、一つの商品の宣伝に労力を注げる事、そしてコスメと健康食品のどちらでも使える点が挙げられます。
ランディングページに単品通販の仕組みを持ち込めば、商品の魅力を最大限に伝えたり、売り上げの成果が上がらない悩みを解消する切っ掛けが生まれます。

商品の販売ページを作るだけでは、売り上げや利益が上がるとは限りませんし、現状に満足してしまっては成果が改善されません。
ただ、結果が出ても常に悩みを持つ姿勢があれば、CVRとLTVの改善と共に、商品の販売数を伸ばす事は可能になります。

悩みとは、経営者やサイトの運営者には辛いものですが、考え方次第では商品販売を成功させるヒントになり得ます。
頭で考えない商品の宣伝は、非効率的かつ努力が結果に結び付きにくい無駄の多い手法です。

一方、CVRを意識するだけでも、悩みを解決するヒントが見えてきたり、LTVを改善する事が最良だと気が付く事が出来ます。
コスメ商品は、使わなければわからない事が多く、それは健康食品にも共通する一種のハードルと考えられます。
ところが、ランディングページの見せ方によって、CVRの改善とLTVの上昇を連動させる事が実現します。

商品の紹介とは、技術と知的な取り組み方が必要不可欠で、成果を見ながら地道に結果を改善する手法と表現出来ます。
CVRを無視するやり方は、目隠ししながらビリヤードを行うようなもので、いつまでたっても結果というポケットにボールが入らない状態が続きます。
気が付いた頃には、時間が過ぎてコストだけが上昇する結果が残ります。

これではLTVに繋がらないばかりか、商品は売り上げが上がらず顧客を増やす事が難しくなります。

まずはマーケティング用語を理解する事こそが、最終的にLTVを高める成功のキーで、利益を段階的に上げられる切っ掛けが得られます。

手法や技術の理解が深まれば、応用力や改善の工夫が身に付き、魅力的な商品を効率的に販売する事が出来るように変わります。
最初は理解が難しい技術ですが、専門のスタッフにアドバイスを得たり、取り組みを間近で見る事が勉強になります。

大切なのは知識を得る事で、基礎を学び取り組みを始める事によって、技術を磨き望む結果を実現する事が出来ます。
闇雲に成功を模索するよりは、結果が改善される技術を習得したり、新しい取り組み方を身に付ける方が結果的にコストは低くなります。

頭を使わない商品紹介は、時間と金銭的なコストに対して結果は今一つなので、これを改善する事が費用対効果の優れた考え方になるといえます。

記事一覧に戻る

制作事例

記事一覧

nanocolor.inc

CONTACT US

お仕事の依頼やご相談こちらからお問い合わせください。
TEL 06-6484-7979

お問合せ

ACCESS

NANOCOLOR.inc | 株式会社ナノカラー
大阪府大阪市中央区南本町2丁目4−10 丸忠第二ビル505

会社概要