TOP > コンテンツ > デザイナーインタビュー|”好き”で食べていくということ。

コンテンツ

社員インタビュー

デザイナーインタビュー|”好き”で食べていくということ。

※「デザイナーインタビュー|”好き”が高じてデザイナーを志望。」からの続きです。

― 趣味の範囲からはじまり、それが仕事に繋がったきっかけは?

高校のとき、ゲームのSSRカードを描く募集を見たんです。

トレーディングカードゲームなどのイラストで、今だったらアプリ内で動いたりしますが、
既存キャラクターに装飾を付けたり、トレースするといった仕事でしたね。

これが仕事になるのか、好きなことが仕事にできるなんて・・・と感動しました(笑)

― いわゆる「好きなことして生きていく」というところですね。

そうですね。
好きなことをしていると、やがて嫌いになってしまうのではないかという不安もありました。

結局、卒業後はデザインの道は選びませんでした。
デザイン自体は本当に好きなのですが、自分の中ではやはり「1→100」だけしておきたいなと。
趣味の範囲外から出すことがなんとなく怖かったのかもしれません。

そのあとデザイナー以外の色々な仕事に携わりました。
全くデザインと関係ない、単純作業で済む事務もありました。

もともと、人と話すより黙々と作業をしてるのが好きだったので、
工程だけ見ると自分に合っていたのかもしれません。

― その時に一度デザインの道から違う道を選択したのですね。

はい。結局、やはりどこか諦めきれなくて。

これも縁かなと思うのですが、友人や同僚に個人的に制作を依頼されることがありまして。
結婚式のボードや動画などを作ったり、店舗のチラシをデザインの依頼を受けていたりしました。

世間から見ると小さいかもしれませんが、私にとっては「これで喜んでもらえるんだ」という発見があり、
見てもらえる場所が増えたで自分のデザインが認められた気になりました(笑)

それが現在まで続いている職業デザイナーの道の第一歩かもしれません。

― チラシデザインは今でも生きていますね。その後はどんなことから始めたのですか?

もともと個人で描いた絵をアップするためのサイトを作っていた経験がありましたので、
自社商品をECサイトで販売している会社に就職しました。

売る側のインハウスデザイナーとして学べることはたくさんありました。
管理運営やサイトデザイン、どうやったらユーザーに見やすいのかなど基本的なことから、
長期的な売り上げ目標達成のためにどういう施策をしなければならないかなど。

楽天でも店舗を持っていたので、RMSの見方などもそこで覚えましたが、
慣れないことも多く、毎日が試行錯誤の連続でした。

― なぜインハウスという立場から、制作会社に進んだのですか?

毎日制作だけしていると、それだけ飽きてしまうことがありました。

「1→100」は技術さえ身に着ければ一定程度まではできてるのですが、
会社内では80点や90点まで求められず、テンプレート作成で50点でOKな環境でした。

毎日同じ商品からデザインを膨らますにも限界がありました。

そこで初めて気が付いたのは、本当に嫌だったのは、
「仕事にしたらデザイン業が嫌いになる」ということではなく、
「毎日同じことの繰り返し」という単純作業だったんですね。

― 「0→1」「1→100」をバランス良く、といった具合でしょうか。

そうかもしれませんね。

自分の頭の中の仕切りなんてすごくあいまいなもので、
現実的に「比率は4:6だ!」と分けることはできません。

― なぜnanocolorを選んだのでしょうか。

当時のnaocolorは社員が2人しかいませんでした(笑)
代表と、コーディング担当の五藤さんですね。

その時はEC事業の支援に力を入れていたということもあり、
もともとRMSも見ることができたので、採用要件としてはOKだったそうです(笑)

なにより、クライアント支援ということもあり、多様なデザイン・消費行動に関われることが面白そうで。

ストレスにならないのは、仕事として割り切れる部分と、それに近い熱量を仕事に充てられるということです。
それは副業の熱量でも良いし、自分が発散できたらそれで良い、という意識の中での割り切りですね。

LP制作は、「0→1」と「1→100」が混ざり合っているところでしょうか。
一般的なサイト制作というものは、クライアントからのオーダーそのままで制作する、というイメージがあるかもしれません。

その中で、依頼頂いている以上、どういったものが求められるかという観点は非常に大切ですが、
これは「制作」の領域を出ることはありません。

nanocolorを選んでいただいているからには、
それに対してしっかりと提案していくことが価値に代わるものだと思います。

― 前職との大きな違いは?

新しいものを作り続けるということを、突き詰められる環境でしょうか。

好きな絵はプライベートで続けてそこで技術を磨きながら、
仕事ではどうやったらクライアントの売り上げ向上するか?と二軸で考えることができています。

分からないことがあれば、第一線で動いている代表にいつでも聞けますしね。
今ではnanocolorも社員7人になり、仮説からの構築・制作・デザイン・コーディング・分析・マーケティングの専門家がいます。

技術にしてもゼロイチを生み出すにしても、突き詰めた先には何があるか、といつも考えています。
マルチに活躍できる、活躍したいという気持ちは変わりません。

― 有難うございます。次回は、代表を交えてnanocolorとしてのマインドを聞いていきたいと思います。

記事一覧に戻る

制作事例

記事一覧

nanocolor.inc

CONTACT US

お仕事の依頼やご相談こちらからお問い合わせください。
TEL 06-6484-7979

お問合せ

ACCESS

NANOCOLOR.inc | 株式会社ナノカラー
大阪府大阪市中央区南本町2丁目4−10 丸忠第二ビル400

会社概要