nanocolor(ナノカラー)



デザイナーがビジネス課題を解決するために必要なスキル

実際に働く前に、どのようなスキルを手に入れたいのか、どんなデザイナーになりたいのか具体的なイメージを持つことで入社後の働く姿の乖離を少なくすることができます。
※外部サイト(note.com)に遷移します。


note

デザイナーとしてLP制作で心がけている「ビジネス思考」20項目

依頼主のビジネスとエンドユーザーを理解し、2つが正しく繋がれるコミュニケーションを確立するクリエイティブ。それが代表の理想とするクリエイティブ制作です。ナノカラーの基本姿勢はメンバーへ脈々と受け継がれ、具体的な業務フローに落とし込まれています。

note

WEBデザイナーがマーケティング視点を取り入れると得られる50の恩恵

私たちの会社は「制作業」がメインであり、納品することで費用をいただくビジネスモデルです。ただ、より多くの価値をクライアントに届けるために「制作以外」の領域にも多くの時間を費やします。

note

広告バナーをデザイン論で語らずに「ビジネス思考」を学んでみよう!

多くのデザイナーにとってバナーデザインや広告デザインはスキルアップのための登竜門です。デザイナーが持っておくべきビジネス思考を「広告バナークリエイティブの数値変化」という題材を基に、思考フローを紹介しています。

プランナーがビジネス課題を解決するために必要なスキル


ナノカラーには現在、「制作ディレクター」「専任のセールスマンやライター」がいません。広告クリエイティブが市場にとってどのような立ち位置となるか企画を提案し、またプロジェクトの状況は常に最適に保たれているのかをマネジメントする力が現場には欠かせません。絶えず変わりゆく環境や状況に対応し、クライアントの課題解決のベストプラクティスへと導き、組み立てる力をナノカラーではプランニングと呼んでいます。

ただいま準備中です。

近日公開を予定しています。