nanocolor(ナノカラー)

ARCC(アーク)様取材|データと人々の感情をつなぐためにnanocolorがしている2つのこと

データと人々の感情をつなぐためにnanocolorがしている2つのこと

 

「データ解析 × ユーザー心理 × クリエイティブ」

一見難しそうなテーマながら、わかりやすくためになり、何より楽しく読める情報を発信し続ける人がいます。noteには2,000「いいね」を超える人気記事もあり、読者から集まる熱い支持が一目でわかります。

その「人」とは、株式会社nanocolor(ナノカラー)で代表取締役を務め、ご自身も創業から10年で1,000本のLPを作ったクリエイターでもある川端康介さんです。

現在の仕事に至るまでに、どのような過去や想いの結実があったのでしょうか。そして日々データと向き合い、人々の感情とデータをつなぐためにどんなことをしているのでしょうか。今回は川端さんにお話を伺いました。

 

記事ページはこちら