nanocolor(ナノカラー)

BtoC事業からスタートしたnanocolorは、BtoC専門のマーケティング制作会社に

「売る事業」から始まり「売る支援」に転換した制作会社です。

ナノカラーの沿革

2010年 2月設立
ナノカラーは「WEB通販」を営む小売事業からスタートしました。商材はファッション小物を中心に自社ドメインや楽天市場といったモールにも出店していました。順調に売上は推移していましたが、他社の制作や販売戦略、広告戦略などの相談を受ける機会が増え、販売支援の事業が生まれました。

2015年 戦略支援・制作支援事業に転換
商品の企画設計時から参画し、長期的ブランディング支援から短期的獲得型運用までを内製で全て行います。メンバーはマーケター、PRプランナー、アートディレクター、デザイナーなど各自 が2つ以上を兼任し、クロススキルにより施策の断絶を防ぐ組織を体系化。現在は100%直取引 により企業のパートナーとしての取組が中心。

2021年 現在
現在スタッフは8名。デザイナー/ディレクターだけではなく各自のスキルをベースにしたキャリアを積み、広告運用が得意なディレクター、デザインが制作できるディレクター、など1個人の担当領域は多岐にわたる。

ナノカラーの案件について

案件の85%がBtoCとなり、美容市場や健康食品などのダイレクトマーケティングが中心です(2021年度)