nanocolor(ナノカラー)

コンテンツ設計

ユーザーが求めているコンテンツを設計

nanocolorで行うコンテンツ開発とは、ユーザーのニーズや期待値を十分に理解した上で、商品特性との相性を分析し課題の解決につながる情報設計を行うことだと考えています。コンテンツはただ単に「内容量を増やしていく」のではなく、「ユーザーが求めている情報」が「結果的に内容の濃いコンテンツ」と判断される傾向にあります。コンテンツの重要性を認識して制作したワイヤー/構成/デザインと、認識が浅い制作物では、成果に大きな違いが出てきます。

「印象に残るだけ/購入に結び付くか分からない」をやめる

人が1日に見る広告の数は3,000件とも5,000件ともいわれており、広告で成果をあげることはどんどん難しくなっています。
キーワード分析や市場調査の結果から「ユーザーの行動を促せるコンテンツ」「信頼性・信憑性の高いコンテンツ」「企業ブランドや商品が持つメッセージを価値として届けられるコンテンツ」などを抽出し、流入するユーザーによって優先順位を並び替えることで獲得に結び付き、その後に媒体・セグメント・広告クリエイティブごとにコンテンツの順序や内容を変更することで、CVRやCPAの効率化を行うことが可能です。