nanocolor(ナノカラー)

競合分析

消費者の購入要因を導き出すポイントは、
「何を競合とするか」

一般的な3C分析は以下の通りですが、nanocolorでは特に「競合分析」に時間とコストを割いて行います。

・Customer(顧客):市場や顧客のニーズの変化
・Competitor(競合):競合が「Customer」の変化にどのような対応しているのか
・Company(自社):顧客/競合をを踏まえて自社が成功できる要因を見つける

一般的には、「競合会社」を特定し、競合会社が市場や顧客のニーズの変化にどのように対応しているかを分析します。
しかし気を付けなければならないのは、「競合」は複数の領域にまたがっているため、各領域での競合の捉え方と勝ち筋を見つけることです。
【競合領域の一例】サービス内容(成分)競合/形状競合/価格競合/商品カテゴリ競合/事業モデル競合 etc.

基本を押さえた上で「他社のマネゴト」で終わらないために

競合会社の業界でのポジションと足元の業績などの現状を知り、その状態になった要因を分析を行います。再現性を見つけるのではなく、あくまで自社商品の場合、消費者にとってどのような違いが認識されているか?を依頼主企業の独自の知見として集約することができます。

インターネットやSNSでは、インフルエンサーをはじめとする「1消費者が1消費者から購入するモデル」が増えています。そのため、nanocolorでは依頼主企業のコアなファンを獲得し、自発的に発信したくなるようなコミュニケーションの構築を支援しています。