nanocolor(ナノカラー)

「勝ちLP」を生む秘訣を深堀!結果を出すLP作りのノウハウとはウェビナーイベント開催!

【勝ちLP】を生む秘訣を深堀!結果を出すLP作りのノウハウとは

ナノカラーのサービスのひとつに、LPO(LP運用改善)があります。お取り組み企業様へのご提案の際に「仮説の裏付け」や「仮説の答え合わせ」には、客観的な数値が欠かせません。

LPの離脱率改善・CVR改善のために欠かせないのがPtengineというWebツールです。直感的な操作で顧客を知り、顧客体験を向上することができます。

今回、Easy Growth(Ptengineユーザーコミュニティであり、Webマーケティングの総合コミュニティ)初のイベントに株式会社Ptmindから安藤 高志さん、モデレーターに窪田 知昭さんと弊社代表取締役の川端が【「勝ちLP」を生む秘訣を深堀!  結果を出すLP作りのノウハウとは】と題し、ウェビナーを開催しました。

Ptmind様(@Ptengine_Japan)からウェビナー開催告知とともに多くの方から申し込みをうけ、情報公開2日で定員200名から400名へ増枠を行うほどの反響をいただきました。15分延長を行うほどのボリュームでお届けとなりました。

イベントダイジェスト

1.なぜLPOが上手くいかないか?

WEBマーケティングにおけるLPの位置付け、役割と定義を行いました。 データ計測できる領域(数値)とできない領域(ユーザーの心理)を認識することが正しい仮説をたてる上では大切です。

2.nanocolorのLPへの考え方

ナノカラーでは案件、商材、事業フェーズによって行う分析領域を変更し、より成果が見込めるご提案を制作しております。

3.LPO事例

ナノカラーがPtengineのヒートマップを使用する理由と目的をお伝えし、実際に行なったLPOの傾向のお伝えと、成果数値のイメージをお話し致しました。LPOはヒートマップから読み取れる確かな裏付けと、数値には現れないユーザー傾向を読み解くことで目標の成果のために必要なアプローチ方法などもご紹介いたしました。

※開催後アンケートでご希望いただいた方にはイベント内で使用した資料を含む弊社サービス紹介資料をお渡しさせていただきました。同様の資料は弊社「資料請求ページ」よりダウンロードいただけます。

まとめ

安藤さんからも実例を含めたヒートマップ画面のご共有、データの見方を解説いただきました。 イベント参加者から届いたご質問にリアルタイムでご回答いただく場面も。 また、Easy Growthのウェビナーだからこそ公開できた新たなツールのβ版のご紹介がございました。
Ptengineを使用する弊社はもちろん、事業者様にとって「勝てるLP」を作るヒントが散りばめられたウェビナーとなったので

動画のアーカイブはPtengineのオンラインコミュニティEasy Growthからご覧いただけます。

 

Easy Growthとは?

Ptengineに無料登録すると閲覧できるコミュニティ「学び合う・助け合う・繋ぎ合う・成長し合う、ウェブマーケ関連共同成長の場」です。LPの改善にお困りの方は意見交換や助け合いの場としてご活用いただけます。
弊社代表の川端と、制作事業マネージャーの山下が公式パートナー(Certification Parter)として参加しておりますので、LPOに悩む皆様に有益な情報を発信しております。
 

登壇者情報

株式会社Ptmind(Ptmind Japan 共同創業者 / Country Manager)
安藤 高志

Twitter @Takashi_Andy12

2010年株式会社Ptmindの創業に参画。「データの潜在能力を引き出し、継続できる成長をエンパワーする」というミッションのもと、 アジアを中心としてデジタルマーケティング支援ビジネスを展開。サイト運営プラットフォームであるPtengineを全世界20万以上の利用者規模にまで拡大。主に事業戦略と日本国内の売上創出に関して従事。

株式会社Ptmind
窪田 知昭(モデレーター)

Twitter @kubota_chiaki

株式会社nanocolor 代表取締役
川端 康介

Twitter @nanocolorkwbt