nanocolor(ナノカラー)

広告戦略支援

広告と連動したLP制作は必須

ナノカラーでは、WEB広告と連動した流入経路ごとにLPの内容を決定いたします。
ターゲットの心理的欲求の背景を言語化、コンテンツ化し、仮説立てしたインサイトに基づいて作成することに強みを持っています。
購入要因、不安要素、などCVに至る要因に対して理論立てたコンテンツを設計し、LPだけではなく、集客経路なども含めた領域で設計いたします。

媒体選定と広告予算は目標値から逆算

「いつまでに何件の獲得数と売り上げが必要なのか」を逆算し、達成に必要な媒体の選定と広告予算をご提案することが可能です。
事業モデルによって投資対回収の期間が異なるため、期間と目標値に応じた設計を行います。

ユーザーのカスタマージャーニーを広告導線に反映

LPはユーザー行動の通過点となることがります。例えば、まだ商品を必要としていないユーザーや具体的な課題に気づいていないユーザーには、
コンテンツまたはアンケートLPによって商品の必要性を理解する必要があります。小さな気づきを積み重ねた上で、
今まで集めた情報の答え合わせとなる導線上にLPを配置し、遷移を促します。
LPと広告導線に落とし込んだ評価をすることで、運用後の具体的な改善ポイントを明確にすることができます。

セグメントと広告クリエイティブの一致

ユーザーのニーズに応じて、クリエイティブを変更します。
具体的には、シミ/くすみのケアに興味関心があるターゲットに対して、「多機能オールインワン」と表現したバナー広告を配信した場合、
顕在ニーズとは合致せず、クリックまでに至ることはありません。そのため、「CTRが低いバナー」ではなく、多機能を求めるユーザーへ配信すれば、
「CTRが高いバナー」になることも考えられます。
この場合、実際の商品特性と、使用した際に得られる実感ポイントを一致させることが短期的にも中期的にも数値を伸ばすことが可能になります。

例えば、商品特性が「紫外線によるシミ発生を防ぐ」であれば、エイジングによって蓄積されたシミではなく、
今防ぎたいシミ原因を解決したいユーザーにセグメントを切り替えることが必要です。先ほどの配信例の場合、セグメントを「紫外線シミに悩むユーザー」に変え、広告バナーを「紫外線」

中間指標を必ず設定

CVRやCPAを改善するポイントは、中間指標にあります。
CVに至るまでには、ターゲティング、広告の表示、LPへの訪問、FVの滞在時間、オファーエリアへの到達など多くのポイントを辿ります。
ナノカラーが行う広告導線提案では、滞在時間やフォーム遷移率をKPIに設定します。具体的には、LPへの到達数は目標を達成しているが、
FVの離脱が高いと判断される場合、LP到達前までに商品の強みとユーザーの期待値が一致していない場合があります。

解決方法の一例としては、滞在時間が短くオファーエリア到達数が少ないリマケリストを蓄積することで、商品特性の理解を高める記事コンテンツ施策などを提案いたします。
このような施策を積み重ねてLP到達前にユーザーの期待値を上げ商品特性と一致させることで、LPのCV数/CVRを高めることができます。