nanocolor(ナノカラー)

広告バナー運用

バナー運用に制作×広告戦略を。
打ち手に頼らない本質的なクリエイティブを提案。

媒体・配信面とユーザー熱量を一致させる。

バナー制作・運用は目的に応じた戦略が無ければ売り上げと直結しません。サービスのフェーズは認知なのか、獲得なのかで目的が異なります。また、目的と媒体の種類やターゲティングも精査する必要があります。

バナーが生む経営インパクト

バナー運用でCTRを向上することは、売上に大きな影響を及ぼすことに繋がります。CTRは、「いかに効率良くユーザーを呼び込んだのか」という数値で現れますが、効率の良さの判断はCPAのみにとどまりがちです。しかし、経営上は相対数である率ではなく、本来絶対数である「売上」を追求すべきだと考えています。

媒体・配信面とユーザー熱量を一致させる。

「このサイズのバナーを作りたい」といった取り組みは、一般的によくあるバナー制作です。しかし、最も重要な「誰に」といった視点が抜けているため、目的達成が難しいことが多くあります。サイト制作に比べると費用は安価であることが多いですが、本体サイトにユーザーを呼び込むには、「Webサイトの玄関口」に最も注力すべきだと考えています。

一般的なバナー制作

サイト内の行動とCVRを結びつける

CVユーザー/非CVユーザーの行動の違いを明らかにします。何を思ってバナーをクリックしたかによって、ユーザーがサイト内で期待することは異なります。滞在時間が長かったり、「よく読まれている」熟読度が高い方が良いとは限りません。分析には、目的に応じてどの基準を組み合わせるべきか、状況に応じた判断をしながら運用していきます。